お問い合わせ・ご相談は

お問合せフォーム

技師
武藤瑞季MUTOH MIZUKI

橋梁詳細設計補助

志望動機
きっかけはインターンシップ

コンサル関係の仕事に就きたかったので、何社かインターンシップに参加させてもらいました。当社のインターンシップにも参加し、歳の近い先輩方にお世話になりとても働きやすいと感じました。
それが決め手になりました。あと福利厚生もとても充実していましたので。
今は配属が決まって4ヶ月が経ちました(インタビューは2021年11月)。先輩方には声をかけていただいたり、話しやすい雰囲気を作っていただいたり、分からないことがあればすぐに聞きに行ける環境を作っていただいたりと、とても働きやすいです。

課題
社会人てむずかしい

おぼえることがとても多いです。しかし1年目の特権として今のうちにできるだけ先輩や上司に聞いて、できるだけ吸収しようと心がけています。
今は目の前に与えられた仕事に取り組むことで精一杯ですが、将来的には自分主体で橋を一本かけられるようになりたいです。その前には資格の取得、詳細設計、1人でもお客さまとの打ち合わせなど、できるようにならなければいけないことは山積みですが、一歩一歩成長していきたいと思います。
人により考え方は様々です。また業務の進行状況等により、やり方を大きく変更する場合もあります。そんな時、「お客さまや先輩との会話の中で、何を改善すればよいか。その結果、どの様な案が望ましいのか。自分自身で計画・提案できるスキルを早く身に着けよ。」と上司には言われています。
社会人てむずかしいですね。でもいつかはランドマーク的な橋を作って「あの橋はお母さんが作ったんだよ」と言えるような仕事を目指しがんばります。

やりがい
日々感じる自分の成長

まだまだメイン業務ではありませんが、打ち合わせなどで使われる図面や資料は私も作成します。相手にきちんと伝わる資料づくりの中で、上司に承認をいただけると自分の成長を感じます。
打ち合わせ時は私が作成した資料を使う場面も増えてきました。自分で作ったので、「あと何cm動かせられますか?」といった相手の質問にも答えられます。
そんな機会が増えてきたのが、毎日のやりがいにつながります。

支社技術部第2グループ武藤瑞季

2021年入社
最近の仕事 橋梁詳細設計の補助
好きな芸能人 坂本勇人(スポーツ選手)

MASSAGE

あなたの気持ちは必ず伝わります

大学で勉強しても社会に出ると遥かにおぼえなくてはならないこと、また勉強することなどがたくさんあり、大学で学ぶことはほんの僅かだったんだなと思いました。
当社では上司や先輩方が分かるまで丁寧に教えてくれます。当社に就職する場合は、心配しなくてもおぼえよう、学ぼうという気持ちとやる気があれば大丈夫です。
その気持は必ず伝わるので、親身に教えてくれます。私も諸先輩方を見習って、早く教える立場になれたならなと思います。

INTERVIEW
社員インタビュー

ENTRY

新卒採用 募集一覧 中途採用 募集一覧